株式会社都市居住評価センター UHEC

 

  • 確認検査
  • 性能評価・評定
  • 構造計算適合性判定
  • 住宅性能評価
  • 試験
  • フラット35適合証明
  • 長期優良住宅技術的審査
  • 保険募集・現場検査等
  • 住宅性能証明等
  • 耐震評定
  • 省エネ適判
  • BELS評価
  • 認定審査
  • 低炭素建築物

長期優良住宅技術的審査

home > 長期優良住宅建築等計画に係る技術的審査業務のご案内 > 認定基準の区分

認定基準の区分

長期優良住宅の認定基準(共同住宅等)

 

認定基準の区分
(下記の1~6は長期使用構造等とするための措置)
主な基準等
1 構造の腐食、腐朽及び摩損の防止
(構造躯体等の劣化対策)
構造躯体等の劣化対策等級 3に加え、
コンクリートの水セメント比の基準を強化(45%)
2 地震に対する安全性の確保
(耐震性)
耐震等級(倒壊等防止) 2以上、または免震建築物等、または極めて稀に発生する地震動によって求められる層間変形角が1/100以下の建築物
3 構造及び設備の変更を容易にするための措置 (可変性) 可変性 躯体天井高(床スラブ間の高さ)が2m65cm以上
4 維持保全を容易にするための措置
(維持管理・更新の容易性)
維持管理対策等級(共用配管、専用配管共) 3
更新対策等級 (共用排水管) 3(但し一部例外措置あり)
5 高齢者の利用上の利便性及び安全性
(高齢者対策)
高齢者等対策等級 (共用部分) 3
(但し手すり、段差、高低差を除く)
6 エネルギーの使用の効率性
(省エネルギー対策)
断熱等性能評価 4
7 住宅の規模 (規模の基準) 1戸の床面積が55㎡以上
(ただし、所管行政庁により基準が変わる場合もあります)
8 居住環境の維持及び向上への配慮
(居住環境への配慮)
地区計画、景観計画、建築協定、景観協定、条例、その他のうち、所管行政庁が選定・公表したものに適合させる必要があります
9 建築後の住宅の維持保全
(維持保全の方法の基準)
30年程度の維持管理計画を策定する
1 0 資金計画
(資金計画)
①建築に係る資金計画
②維持保全に係る資金計画